効率よく筋トレするには?

あなた様は筋トレでこのような
お悩みを抱えていませんか?

  • 上手に筋肉がつかない・・・
  • どうやればいいか分からない・・・
  • 筋肉が付き過ぎそうで怖い・・・
  • 脂肪を燃焼させたい・・・

お腹

これからの季節、「食欲の秋」と言われるだけあって美味しいものが増えますよね(^_^)そうなるとついついあれもこれも食べてしまい「太っちゃった!!」みたいになるのが恐ろしいです・・・

そんな中で、「筋トレしてスリムになりたい!」と思っている方は多いのではないでしょうか!?

今回は「お腹周りに効く筋トレについて」簡単にご紹介致します♪

下腹部に効く筋トレ

腹筋①

引用:MotecoBeauty

  1. 仰向けになり、両手を伸ばして体の横に置きます。軽く膝を曲げた状態で、脚を天井方向に上げます。お尻は床に付けたままです。この状態から始めます。
  2. 腹筋を丸めるようにしてお尻を床から上げます。膝を胸元に近づけるイメージです。腹筋②
  3. 腹筋の力を利用しながらゆっくり①の姿勢に戻します。①~②を5回~10回行ってください。

ポイントは下腹部に力が入っているのを意識して下さい!

上腹部に効く筋トレ

腹筋③

  1. 仰向けになり両手足を伸ばします。
  2. 手足を同時に上げて、手の指でつま先を触ります。手足を上げる時に勢いを付けないで、腹筋の力を利用してあげる様に意識して下さい。
  3. ①~②を5回~10回行ってください。

ポイントは辛くなると勢いで上げてしまうので、しっかりと腹筋の力で上げる様にして下さい。お尻が痛くなる場合があるのでタオルなど軟らかいものを敷いて行うとやりやすいです。

効率よく鍛えるには?

筋トレも大事ですが効率よく鍛えるには有酸素運動も大切です。

有酸素運動とはランニングやウォーキング、エアロバイクなどの様に身体に軽めの負荷を掛けて継続的に行う運動のことで、目安は20分~30分です。これは続けてではなく分けて行っても構いません。

逆に無酸素運動は短距離ダッシュやダンベルなど重い負荷を掛けて短時間で行う運動を言います。順番は筋トレをしてから有酸素運動を行うのが理想です。

トレーニングを行う目安は1週間に2~3日で構いません。筋肉を休めてあげるのも大切です。無理に行うと逆にケガをする恐れがあります、、、

ご自分にあったペースで行って、無理なく続けられるのが一番の近道です!

LINE19