産後骨盤矯正について

こんにちは!南千住駅・三ノ輪駅から徒歩5分にある、マタニティ産後骨盤矯正に特化した女性専門の整体院

骨盤整体 Sakuraの櫻井です♪

今日も本当に暑いですね~

皆様水分補給をしっかりおこない、熱中症にならないようにお気を付けください!!お子様と外に出ている時が一番危険です!!長時間日向にいるのは危険ですので、コマめに日陰に入ってお身体を休めてくださいね。

産後の骨盤矯正について

「産後は骨盤矯正したほうが良い。」と言われますが、なぜ矯正した方が良いのかをご紹介いたします!

産後に骨盤が歪む原因

まず妊娠中に赤ちゃんが大きくなってくると、それに合わせて骨盤の上側が広がってきます。           

そして出産で赤ちゃんが産道を通るときに骨盤の下側が広がります。開いてるとは言え、実際は何センチではなく何ミリといったわずかな広がりですがお身体に掛かる影響は大きいです・・・

産後はゆっくりと元の状態に戻ってはくるのですが、育児や家事の影響で骨盤に負担が掛かり、骨盤が戻りきらないうちに筋肉が固まって歪んだままの状態になってしまうのです!

歪んだままにしておくとどうなるの?

歪んだままにしておくと、お身体の左右の負担の掛かり方が違ったり、いたる所に負担が生じます。また骨盤のぐらつき・尾骨の痛み・恥骨の痛み・股関節の痛み・下半身太り・ポッコリお腹などなど・・・様々な影響を及ぼします。

よく、「産後骨盤矯正をするなら産後6か月まで」と言うのですが、これは妊娠中~産後に分泌されるホルモンが関係しています。

そのホルモンは「リラキシン」と言って、出産しやすいように骨と骨をつないでる靭帯(じんたい)や筋肉を緩ませる効力があり、そのホルモンが分泌されているのが産後6か月頃までと言われています。その間は筋肉が緩んでいる分、整体で骨盤も元に戻しやすいということなのです♪

かと言って、産後6か月を過ぎても産後の骨盤矯正はできますのでご安心ください。

いつから産後骨盤矯正を受けられますか?

当院では、自然分娩の場合は産後1か月目から、帝王切開の場合は産後2か月目から受けられることが可能です。産後はお身体の負担がありますので、2週間ほどはお休みになられて頂くと良いですよ♪

妊娠中のママさんの場合は安定期に入られてからですと安心です。

ですが、「どうしても身体が辛い・・・」などの場合は1度ご相談も含めてご連絡頂ければと思います。

LINE5