千住大橋で産後の骨盤の歪みに悩むママさんへ!自宅でできるセルフケア5選

産後の骨盤の歪みは、多くのママさんが直面する課題です。お子様のお世話や家事に追われる中で、自分の体調管理がおろそかになりがちですよね。

そこで、今回は自宅で手軽にできるセルフケアをご紹介します。日々の生活に取り入れながら、快適な毎日を過ごしていきましょう。


1. ピラティスの鳩ポーズ

骨盤周りの筋肉を効果的に伸ばすのにピッタリなポーズです。床に座り、右足を曲げて左足の方に引き寄せ、左足は後ろに伸ばします。これにより、骨盤周りの筋肉がほぐれ、歪みの改善に寄与します。

2. ヨガの猫のポーズ

四つんばいになり、ゆっくりと背中を反らせていきます。このポーズで背骨が伸び、骨盤の位置が整います。呼吸を整えながら、骨盤周りの筋肉にアプローチしましょう。

3. ダイナミックストレッチで下半身をほぐす

立位で足を開脚し、ゆっくりと両手を床につけながら体を前屈させます。この動きでハムストリングや内ももの筋肉が伸び、骨盤周りの緊張が和らぎます。

4. プランクでコアを鍛える

前腕立ちプランクや通常のプランクを行うことで、腹部の筋肉を強化し、骨盤の安定性を高めます。ただし、無理なく行うことが大切ですので、無理を感じたら中断しましょう。

5. ペルヴィックティルトで骨盤の位置を整える

仰向けに寝て膝を曲げ、足を床につけた状態で、骨盤を前後に傾けます。これにより、骨盤の位置を整え、歪みを矯正する効果が期待できます。


まとめ

これらのセルフケアを毎日の生活に取り入れることで、徐々に骨盤の歪みが改善されていくでしょう。しかし、どうしても症状が続く場合や不安がある場合は、プロの助言を得ることも重要です。

千住大橋から自転車で10分の骨盤整体Sakuraでは、経験豊富なスタッフがママさんたちのお悩みに合わせたアプローチを提供しています。お気軽にご相談ください。健やかな毎日を一緒に目指しましょう。