抱っこ紐でお身体に余計な負担かけていませんか!?

骨盤整体 Sakuraは南千住駅・三ノ輪駅から徒歩5分にあるマタニティ産後骨盤矯正に特化した女性専門の整体院で多くのママさんにご愛用して頂いております♪

今回は小さなお子様がいらっしゃるママさんが必ずと言って良いほど使用されている、抱っこ紐についてご紹介致します!(^_^)

抱っこ紐はあるととても便利なのですが、使い方を間違えると逆にお身体の負担を増やす可能性があるのはご存知ですか!?

あなた様は抱っこ紐で
この様なことはないですか?

  • 抱っこ紐でも長時間はキツイ
  • 抱っこ紐使うとが痛くなる…
  • 座って物を取る時に子供が落ちそうになった…
  • 腰が反りやすくなる…
  • ママとお子様の間に隙間がある…

これ、間違えて抱っこ紐を使用している可能性があります !!Σ(゚д゚lll)ガーン

よく街中で抱っこ紐を使用しているママさんを見かけますが、こんな感じで付けている方が多いです・・・(>_<)

・お子様が下がっている。

・腰ベルトが下がって腰が反っている。

・肩のバックルが上過ぎる。

これでは肩が丸くなりやすく、腰が反っているので腰痛にもなります。お子様の位置が下がっているので重力の影響を受けやすくどんどんお身体に負荷が掛かってしまいます。(>_<)

では、どうすれば良いのでしょうか!?

以下を参考にして付けてみて下さい!(^_^)♪

・お子様の位置はおでこにキスできる高さにする。

・腰ベルトを前後平行の高さに揃える。(前側が下がりやすい。)

・肩のバックルを肩甲骨辺りまで下げる。

・お子様の足がM字になる様にする。(足が伸びているとNG)

するとこんな感じになるかと思います!

引用:「ほっと。すて~しょん」「ココヨガ」

         

いかがですか!?

思ているよりお子様の位置が高くないですか!?

ですが、これくらい高くて大丈夫です。むしろ楽です!(^_^)

肩のベルトが中心に寄るので自然と肩が開く様になります、腰ベルトも平行になるので前側に下がることもありません。

本当ちょっとしたことなのですがお身体の負担が変わります!!

正しい使い方をして少しでもお身体に負担を掛けない様にすることも、今後の子育てには必要になってきます(^_^)

是非、皆様ご参考にして頂けると嬉しいです♪

LINE1